日本語学校の求人サイトをご紹介します!

東京の日本語学校求人

2020年に再びオリンピックの開催地となる東京では、既にその準備が着々と進行しています。ハード面のインフラ整備はもちろんですが、ソフト面のひとつである人材の確保にも、各企業がニーズに合わせて徐々に準備を進めているのです。元来、東京は国際的な都市であり、在住している外国人の数は40万人近い数字になっており、その数は近年増加傾向にあるとも言います。ですから、東京には数多くの日本語を教える機関があり、その代表的なものが民間の日本語学校なのです。

日本語学校にはさまざまな形態があります。一つは、海外から留学生を集めて日本語を教え、その後の進学や就職までのサポートをする学校です。また、既に日本に在住している方に日本語を教える、会話スクールの形態をとっている日本語学校もあります。この形態の学校はチェーン展開している大手をはじめ、その数は大変に多いです。そして最近ではネットを使ったオンライ教室が流行していて、個人レッスン形式の日本語の授業が評判になっています。自宅にいながらにして授業ができますから、とても高い利便性があります。このように東京では多様に日本語学校が展開しています。

東京の日本語学校で働きたいと希望する方は、まずこれらの多種多様な学校の現状を把握する必要があるでしょう。そして教師として働くにしても、スタッフとしてサポートするにしても自分の希望する条件を絞り込む事から始めるべきです。現在はアジア圏を中心として日本語ブームが起こっていますから、東京にいる外国人にとっても日本語はビジネスチャンスになっていますので、各日本語学校もそのニーズを受けてさらに拡大するべく、教師やスタッフを増員しているのです。

給料をはじめとする雇用条件はさまざまです。教師の場合は時給換算で1800円前後から3000円といった高額な求人もあります。スタッフの月収は20万から40万円が一般的ですが、営業職であればそれ以上の条件も見られます。昇給や賞与、産休、育休などの待遇面で違いがありますので、十分に調べてから求人に申し込むと良いでしょう。そこで実績のあるサポーターに援助してもらう方法があります。日本語学校の求人を積極的に扱っているところがあるのです。リクナビエージェントやTYPE、イーキャリア、DODAやマイナビエージェントなどです。学校から直接委託される非公開の求人を多数確保しているのです、選択肢は各段に広がるでしょう。成長職である日本語学校の仕事ですから、納得のいく職場で働きたいものです。そのサポーターを選ぶのも成功の秘訣だと言えます。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら