日本語学校の求人サイトをご紹介します!

アメリカの日本語学校求人

アメリカには実にたくさんの日本人や日系人が在住しています。そのような国で働きたいと考えた時に、真っ先に考えつくのが日本語教師の職業かもしれません。特に資格を必要としない職業ですし、慣れ親しんでいる日本語を外国の方に教えるのですから、それ程に困難な事はないと思うからです。たとえアメリカと言えども、グローバル化した世界の情勢において、英語だけで経済的、政治的、文化的交流がスムーズに進むという訳にはいかないのも事実です。それぞれの母国語を使う必要も増えているのは確かです。日本も世界で著名な国の一つですから、そのニーズは決して低くないのです。

ですがアメリカで日本語教師の職を捉えるのはそう簡単ではないようです。それはアメリカ全土には多くのネイテブ・ジャパニーズが既に在住していて、彼らがその職を得ているからです。もちろん少ないというだけで、2億人以上の人口を抱えるアメリカですから、日本語を教える職場の数は膨大にあるのも事実です。そこでポイントになるのが情報収集から契約交渉、入社までの必要事項を援助してくれる、実力のあるサポーターを得る事でしょう。日本に住んでいる状態で、現地の詳細な情報を得るのは至難のわざと言えるかもしれません。実際に就職活動を始めれば、事前に何度もアメリカを訪ねて学校まわりをしなければならないはずです。ですが、大手の求人サイトであればそのコネクションを持っているので任せる事ができます。数少ない求人からでも強力にアピールして、交渉成立に達する可能性は高まります。また、外国で働く時は就労ビザの取得がポイントになります。かなり手続きに難航するケースもありますが、その点もケアしてくれます。そして現地でのアパート確保や生活上のトラブルにも相談に乗ってもらえるのは心強いのです。

働く職場としては日本語の教師をはじめ、事務スタッフ、あるいは日本語による学習塾の講師や幼稚園・保育園の日本語教師というケースもあります。学習塾や幼稚園での日本語の教師は国家資格である教員免許や保育士の資格が必要になるようですので、一般的ではないかもしれません。ただし、アメリカで日本語教師として働くための選択肢にはなるでしょう。あるいは個人レッスンの日本語教師という職場もありますが、アメリカの大手の家庭教師の派遣会社に採用されなければ、ビザ取得の壁にぶつかるかもしれません。この様に可能性は意外と広く開いてはいます。プロのサポートを受けて、積極的に職場を求めるなら良い成果が得られることでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら