日本語学校の求人サイトをご紹介します!

オーストラリアの日本語学校求人

オーストラリアではワーキングホリデービザの制度があります。このビザを取得することで最大2年間の滞在が可能になります。これを利用した有給のインターンシップに参加して日本語教師としての下地を作るといった派遣のケースがあります。いわゆるオーストラリアで日本語教師になるための予行練習という位置付けです。期間は1〜2年間で、職場と住居も確保されているので良いシステムと言えるでしょう。参加条件は、日本語教師養成の420時間講座の修了か日本語教育能力検定試験に合格している事、そしてオーストラリアのワーキングホリデービザが取得可能であることです。

オーストラリアでは小・中・高校で外国語授業に日本語を選択していますから、日本語を学んでいる人口は多いと言えます。現地の子達は高校生になると高校卒業資格を満たしているかを見るテストを行います。このテストはいわゆる全国大学センター試験で、将来を決めるウエイトの高いテストになっています。日本語もこの全国試験の選択科目に含まれていますので、そのために民間の日本語学校が多数営業しているのです。また、中学年の生徒たちは言語学習に対する単位として100時間の修業時間が義務付けられていて、その受け皿として日本語を教える民間の学習塾が多数営業しているのです。また一般の方でも日本語をさまざまな理由で学び続けていますので、オーストラリアの日本語学校の数は実に多いのです。

ですから、それらの求人を収集し、比較・検討するには現状を知っている方のアドバイスが必要でしょう。海外の日本語学校の求人を扱うノウハウを持っている人材紹介会社を頼るのは賢明です。リクナビエージェントやマイナビエージェント、TYPE、イーキャリアにDODAなどの大手求人サイトは適者と言えます。求人の紹介はもちろん、契約の交渉や実際に現地での生活環境の問題までをサポートしてくれますので心強い存在なのです。

オーストラリアの日本語教師の職業は、戦後より継続している安定した職種でもあります。ただし、需要が極めて高いというわけではないので、収入に関しては十分に確かめておきたいものです。いくつかの求人を見ますと、100ドル前後の月給から職場の規模や仕事量に応じて上がってゆく傾向がありました。パート教師では時給1500円前後が一般的になっています。ですが、成長企業においてはより高い条件の募集も多数出ていますので、希望する条件で就職を望むのであれば、先の大手求人サイトを利用すべきです。好条件の求人を多く委託されていますので、納得のいく職場を得ることが出来るでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら