日本語学校の求人サイトをご紹介します!

ブラジルの日本語学校求人

日本語を学習している方々の背景が多様化してきているのは世界的に共通する傾向といえます。近年、日本のアニメやJ−popなどのサブカルチャーが世界的に広まっている事で、若年層の日本語学習者の数が増加していますし、グローバル化によって日本の産業が再び活況を取り戻していますので、日本語のビジネス上のニーズが高まっている事もあります。このように学習動機が多様化し、その変化は顕著であるのです。

ブラジルにおいても同様の傾向がありますが、特異な点としては150万人といわれる日系移民の問題があります。ブラジルの日本語学校の特徴は、この日本語離れをしつつある日経3世、4世への日本語教育という役割がある事です。日本政府もこの問題には関心を示しています。多くの海外青年協力隊を派遣し現地での日本語教育に貢献してきた経緯からも分かります。公立の学校でも、日系の子供たちにとってのネイティブの日本人講師が必要となっています。また、日系コミュニティによって運営されている日本語学校にも、新たに日本に興味を向ける一般のブラジル人の方々が授業を受け始めていますが、外国語としての日本語を学んだ経験を持つ教師が少なかったことで、十分な授業がなされている訳ではないそうです。ですから、現実として日本人の教師が必要とされているのです。

ですが、ブラジルの経済状態は決して良いとは言えません。日本語学校に通うための学費を払い切れない家庭も多く、そのためにボランティアの日本語教室も多く活躍しています。ですから日本語学校で働く教師や職員の給料が必ずしも高いものとは限らない現状があるのです。ブラジルの日本語学校で働きたいと希望する方にはきっと、ブラジルの現状を考えて力になりたいと願っている方も多いでしょう。ブラジルで必要とされる職場でやりがいを持って働きたいと考えている方も多いでしょう。

現地で働くにはビザや住居の事など生活上の必要を前もって知っておく必要もあります。日本とは大きく生活習慣も生活環境も違う国ですから、しっかりとした情報を得たいものです。そして希望する求人を探すにも助け手は必要なのです。ブラジルの日本語学校にコネクションの強い求人サイトは適材です。特にリクナビエージェント、マイナビエージェント、TYPE、イーキャリアやDODAならば十分な実績を持っています。学校選びから相談をして、適切なアドバイスを受けながら就職活動を進めるなら、納得のいく仕事を得ることができるでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら