日本語学校の求人サイトをご紹介します!

カンボジアの日本語学校求人

カンボジアは親日家の国ですが、その背景には日本政府が多額の支援をしてカンボジアのインフラ整備に貢献していることがあります。その為にカンボジアに行くと、あの道路は日本人が作ってくれたとか、あの建物も日本人が作ってくれたと言われるようです。そんな親日国のカンボジアなので日本語学校求人も出されているのですが、それには時代の流れや世界情勢の変化などが影響している部分もあるのです。

近年アジア地域では日本語教師求人が日本国内の求人よりも多いといわれる程増えています。昔から中国や韓国における日本語学校求人は多かったのですが、それに加えてここ数年の傾向として、インド・ベトナム・カンボジア・マレーシア・シンガポールといった国々での日本語学校求人も増加傾向にあるのです。カンボジアなどで日本語学校求人が増えた要因としては、中国における人件費の高騰により日本企業がカンボジアなど他のアジア各国に移転し始めたことがあります。また、昔なら中国も就労ビザを取得することはそれ程条件が厳しくなかったのです。しかし、ここ数年は中国でも外国人就労者を制限する傾向が強まっていて、四年生の大学卒業という条件を付けるようになり厳しくなってきていることも理由として考えられます。

このようなことからカンボジアでも日本語を話せることが必要になって、それにより日本語学校の需要と共に日本語教師の需要が高くなっているのです。ただし、まだ中国や韓国と比較できる程多くはないので、カンボジアの日本語学校求人は少ないと言った状況にあると言えます。また、カンボジアの日本語学校求人があったとしてもボランティア募集というのが目立ちます。カンボジアの日本語学校求人を探す方は、このような現状にあることを理解しておく必要があります。

それからカンボジアの日本語学校求人を探す場合には、カンボジアは日本よりも物価や通貨が安いので給料も非常に低い傾向にあることを知っておくことです。また、食生活などをはじめ生活環境にも大きな違いがあるのです。そのことを理解していないと、カンボジアで日本語教師として就職したけれども、現地でお金が尽きてしまい日本に帰国できなくなるといった事態もあります。また、環境が合わないために体調を崩してしまうことも少なくないのです。

日本語教師の需要は高くなっているのでカンボジアの日本語学校求人を探すことは、以前よりは探しやすくはなっていくことと言えます。ただ、先に触れたように現地で暮らすことが、どういうことなのかということをしておくことも大事です。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら