日本語学校の求人サイトをご紹介します!

フランスの日本語学校求人

芸術の都パリで、あるいはブロバンスの田園風景に囲まれて暮らしたい。そのような夢を持つ日本人の方はたくさんいます。旅行で訪れるだけでは飽き足らずにフランスで生活する夢を持っている方は、何か仕事を得て実際に暮らしてみたいと思うかもしれません。そのようなときに思いつくのは日本語教師という職業でしょう。特別な資格を持たない場合は特にこの職業は有効です。求められる条件としては、4年制大学卒業か、日本語教師養成講座の420時間コースの修了者、あるいは日本語教育能力検定試験合格者というものですから該当者は多くなります。ですがフランスにどれほどの日本語学校や日本語教師の職場があるかを考える必要はあるのです。

確かにフランスでは、柔道が人気で、日本の3倍もの愛好家がいたり、日本絵画や歌舞伎や日本映画などの文化的な側面から日本に関心を持っている人はたくさんいます。しかし、いくら日本びいきの人でも、高い授業料を払ってまで日本語を学びたいという動機付けには至らないようです。特に収入に結びつくのでなければ日本語を学ぶ気持ちは起こらないかもしれません。フランスの日本語教師の職場は他国と同じで公立・私立などの初等・中等教育機関の日本語授業かフランスの大学などの高等教育機関、あるいは民間の語学学校になります。

日本人がフランスの私立や公立校で教員として働くためには、フランス人と同様に国家教員試験に合格し、CAPES(中等教育教員適正証書)を取得しなければなりません。この条件はかなりハードルが高いでしょう。ですが、フランスの公立の学校でアシスタント教師のインターンとして経験を積み、その経歴で学校の日本語講師になる道もあります。それでもインターンシップは参加料を払って申し込むもので、給料もありませんから、事前の費用と時間が掛かります。さらに、フランスには現地在住の日本人も多いため、現地での募集と雇用でいっぱいということもあります。ですから、フランスでの日本語教師の求人をわざわざ日本に一般公募をかけることはほとんどないのです。

ですからフランスの日本語学校で働きたいと希望する方は、力のあるサポートを得る必要があります。マイナビエージェントやTYPE、DODA、イーキャリアやリクナビエージェトなどの大手求人サイトであればフランスの求人を紹介できます。これらの求人サイトは実績がありますので、学校側も安心して応募に応えてくれる下地があります。担当のアドバイザーとよく相談して進めてゆくなら、納得の出来る成果を得られるでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら