日本語学校の求人サイトをご紹介します!

ドイツの日本語学校求人

ドイツで日本語教育が盛んであったのは日本がバブルを迎えた1980年代で、日本経済が強くなり始めた頃です。日本の企業などの活躍で現地では日本語学校が急増したと言われています。ですが日本経済が低迷してからは、その勢いに陰りが出始めたと言います。そういった経緯をへて、近年の日本のアニメ、漫画、テレビゲームやJ−popなどのブームがドイツにも押し寄せて、若年層を中心に再び日本語熱が高まってきたのです。それにつれて、以前に日本語を学んでいた人も含め、日本語を学習する人が増えてきていると言います。

かつてドイツでは中等学校のギムナジウムで日本語授業が選択科目に取り入れられました。2000年までにはドイツ全域で、大学入学資格試験の試験科目として日本語の選択が認められるようにまでなったのです。そのような日本語教育の歴史がありますので、基本的な条件は揃っていると言えます。このブームを受けて、今ではいくつもの日本語学校も活力を増しているといいます。日本語教育は、これから少しずつ人気が高まることが予想され、日本語教師の窓口も広がって行く可能性は高いのです。ドイツで日本語教師をするのであれば、基礎的なドイツ語力と英語力が必要です。それから最も難しい条件としては就労ビザを取得する事があります。これまでもドイツではポツポツと日本語教師の求人は出ていましたが、ドイツで働くのに適正なビザを持っている人材が対象でした。なぜならば、日本語教師という職種では欧米圏で就労ビザを取得するのが困難であったからです。

この点では個人で就職活動に動くには限界があるかもしれません。まず、希望する条件に合った求人を探すことは難しいでしょう。ですが、大手の求人サイトではドイツの日本語教師の職を紹介する力があります。リクナビエージェントやTYPE、DODAやイーキャリア、マイナビエージェントといった大手の人材紹介会社であれば、現地とのパイプも強く実績もありますので十分な力になってくれるのです。また、担当のアドバイザーが、詳しい現地情報を集め、契約交渉もサポートしてくれます。そして最も肝心の就労ビザについても対応してくれますので心強いのです。

ドイツで働きたいという方には、はっきりとした目的意識を持った人が多いようです。ドイツ語を覚えたいとか歴史あるヨーロッパで生活してみたい、その文化を深く知りたいといった希望がある方も多いでしょう。そういった意味でも日本語教師の仕事は有効です。ドイツ語を使いながら日本語を教えるので、実践的な語学力が身につきます。そして現地の方々との友好も育むことが出来るのです。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら