日本語学校の求人サイトをご紹介します!

シンガポールの日本語学校求人

シンガポール人にはマレー系の方、中国系の方、インド、ヨーロッパや日本などの外国から移住してきた人が多く在住している国です。ですから、多国籍な生活習慣や文化、経済の側面を持っていると言えます。そのような国で日本の経済の浸透度は高く、日本語は英語や中国語と同様にビジネスに直結している言語になっています。それゆえ、シンガポールにはたくさんの日本語を勉強している方がいるのです。日本語学校の大手といえば、3つの日本語専門学校があります。文化(Bunka)と生駒(Ikoma)とJCSです。この3つの日本語学校では日本人の講師を募集していますが、レベルが高い分だけ教師の能力を問いますので、それなりの準備が必要でしょう。また国立学校でも日本語の授業に日本人の教師をあてがう所もありますので、そちらにも就職口が出てきます。資格としては、4年制の大学卒業や時には教師免許を求める事もあります。日本語教師養成の講座を420時間修了しているか、日本語教育能力検定試験の合格を条件にする場合もあります。

これらの日本語学校で働きたいのであれば、しっかりとしたサポートが必要になるでしょう。大手の人材紹介会社であれば、現地の学校とコネクションを持っています。希望する条件から求人を選ぶにしても、それだけの求人情報を提供できるのです。担当のアドバイザーが求人選びから、具体的な情報収集、雇用条件の交渉や仕事に就くまでの準備全般をサポートしてくれるのは有難いのです。また実際に働きだしてからのトラブルや質問事項、契約の更新などなどのアフターケアもしてくれますので、安心して働くことが出来るでしょう。リクナビエージェント、TYPEにイーキャリア、DODAにマイナビエージェントなどの大手求人サイトは、シンガポールの情報を持っていますので、希望する方は頼んでみると良いでしょう。

シンガポールと日本は歴史的にも深い関係を持っています。日本語に対する関心の深さは経済面にとどまらす、文化交流や個人の趣味にまでおよぶのです。それから多くの日本人家族が現地で暮らしています。その子供たちの日本語教育の受け皿になっている事もあります。ですから、先の大手の日本語学校とは違ったさまざまなタイプの教室もあるのです。長く中国の政治的支配下にあったことで、多くの方が漢字を理解するとも言いますので、比較的コミュニケーションが取りやすい環境でもあります。日本人にとってはシンガポールは多国籍の人々と交流する楽しさがあるのです。この様に生活面での楽しみがあれば、仕事はやりがいのあるものとなる事でしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら