日本語学校の求人サイトをご紹介します!

タイの日本語学校求人

多くの日系企業がアジア各国に進出していますが、タイにも数多くの日系企業が進出していて、その企業が進出した町工場においては日本語が仕事上必要というタイ人も少なくないのです。また日本のアニメやアイドルが人気になっていますし、タイでは日本の映画やドラマも数多く放送されているのです。このように日本ブームが巻き起こっていますし、仕事など生活で日本語が必要になっているため、近年大学入試で日本語のテストを実施する大学もある程です。それからタイでは、第1外国語の英語の次に第2外国語として日本語が位置づけられていて人気のある語学になっているのです。

このような状況にあるタイですが、実際に日本語に触れる機会が多いわけではありません。また学校でもタイ人教師による日本語学習なので、正しい日本語の発音など様々な面で十分な日本語学習ができないと状況というのもあるのです。その為に、不十分な部分を補うことができ日本人の日本語教師が求められていますし、日本語教師の需要は高いといえるのです。

タイの日本語学校求人を探して日本語教師として働きたいと考えているのなら、日本語教育能力検定試験に合格しておく必要があります。本来タイで日本語教師になるには未経験者でも可能なのですが、実際には検定試験に合格していることがほとんどの日本語学校で採用時に求められています。タイの日本語学校求人を探す時は、資格が必要なのかしっかりと採用条件を確認することが大切です。

それから日本語学校では直接法といって現地語を使用しないで日本語のみの授業をするのが主流です。しかし現地で日本語を教える以上は、ある程度現地語を話せる必要もあるのです。現地の言葉を話せると日本語を教えやすいですし、日本語学校の学生たちからも教師として身近に感じられる存在になれます。それに教師も自分たちの言葉を学ぼうと一生懸命努力していると学生たちが共感して信頼してくれるようになります。ただタイ語は文法的には比較的容易なのですが、声調言語ということで日本人にとって習得しにくい言語といえます。しかし、先に触れた理由からタイの日本語学校求人を探して働くことを考えるのなら、真剣にタイ語の勉強をしておくことも大事です。

今後もタイでは日本語教師の需要は高くなると考えられるので、タイの日本語学校求人を探せるチャンスは増えていくと言えます。チャンスをものにするためにも、日本語教育能力検定試験やタイ語の勉強といった事前準備を考えておくと良いです。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら