日本語学校の求人サイトをご紹介します!

女性の日本語学校の求人事情

日本語学校は結婚や出産・育児などライフイベントに対応した働き方ができること、ブランクがあっても職場復帰しやすく復帰後も以前と同様に働くことが可能なことなどから女性にとって働きやすい職場環境にあると言われています。その為、逆の見方をするとライフイベントに合わせて退職する人がいるということで、女性の日本語学校の求人情報も多いと考えることができます。また、ブランクがあっても職場復帰しやすいと言ったメリットがあるので、転職もしやすい状況にあると言えます。

その点は日本語学校教師の男女比からも理解することができます。日本語教師の男女比は非常勤講師の場合では3:7と女性が圧倒的に多いですが、常勤講師の場合はほぼ同率となっています。このように雇用形態によって男女比に大きな違いがみられるのは、安定した職場を求める男性と結婚・出産・育児などを考える女性との違いが表れた結果と考えられます。それから年代別による男女比においても20代・30代と若い年代では女性が圧倒的に多くて、年代が上になるに伴い男性の比率が高くなる傾向にあります。

このような職場環境から女性の日本語学校の求人事情は、女性とって恵まれた状況にあると言えます。そこで日本語学校の求人を探す女性は、常勤講師と非常勤講師の一般的な労働時間を知っておくと、雇用形態を考える際に参考として役立ちます。日本語学校で常勤講師として働く場合の勤務時間は一般的に8時間前後ですが、就業時間に関しては午前8時から午後5時というケースもあれば、午後1時から午後9時というケースもあります。また、休日に関しても土・日・祝祭日が休日の場合もあれば、シフト制で休みを取得する場合もあって、勤務先により大きな違いがあります。それから残業はそれ程多くありませんが、時期よっては残業をしなくてはならない時もあります。

一方日本語学校の非常勤講師の勤務時間は、担当する授業時間だけ現場で働くので授業時間とイコールになります。その為、生活のスケジュールと労働時間を調整して働くことが可能です。ちなみに日本語学校の非常勤講師の場合は、一般的に4時間程度の勤務時間が多いようです。日本語学校の求人を探す女性は、このように雇用形態や勤務先で労働時間に違いがあることを知っておくと良いでしょう。また、資格や経験があれば転職しやすい環境にあることや女性が比較的多いことから女性にとって働きやすい職場環境にあることなども理解して求人情報を探すと良いです。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら