日本語学校の求人サイトをご紹介します!

男性の日本語学校の求人事情

介護職など外国人を積極的に雇用する企業が増えていることや、日本の短大・大学・大学院への入学を希望する留学生が増えていることなどから、日本語を学ぶことを希望する人が増えています。その為、日本語学校も少しずつ増えており、緩やかですが日本語教師の求人数も増える傾向にありますし、今後も日本語教師の需要は緩やかに高まっていくと考えられます。

今までの日本語学校は、定年退職後の国語教師や地域のボランティアの方が中心で、職業として成り立つことが難しかった状況にありました。その為、日本語学校で活躍する教師の平均年齢は他の業種と比較して高くて、20代や30代の若い世代が少ない傾向にあったのです。また労働環境や収入面の問題から職業として成り立つことが難しかった影響から男性の日本語教師は少ない状況でした。しかし近年は日本語学校も職業として成り立つ状況に変化してきていて、若い世代や男性の日本語教師が求められるようになっています。このことにより男性の日本語学校の求人事情も大きく変わって、労働環境や収入面での問題が解消されて男性が活躍できる求人情報のひとつになってきています。

男性の日本語学校の求人事情が変化したチャンスを活かすためには、求人を探す狙い目の時期を知っておくと役立ちます。日本語教師の求人が増える時期は4月と10月の2回で、これは日本語学校が4月と10月に新学期を迎えることにより教師の異動などが発生しやすいからです。転職活動をする場合には、4月と10月で教師の異動が起こりやすい新学期をひとつの目標として活動すると良いです。

日本語学校の求人に応募する際に知っておきたいことは、日本語教師として働くための資格が存在しているという点です。本来は日本語教師として働くために資格は必須ではないのですが、採用する日本語学校側としては資格の有無は重視する点で、資格がないことにより転職で苦戦する可能性は考えられます。国語教師の資格や経験が全くない方が転職で苦戦しないためには、民間スクールの日本語教師養成講座を利用して資格を取得することも考えておくと良いです。日本語学校で教師として働くことを目標に求人情報を探す場合には、資格取得期間を含めてある程度長いスパンで準備して行くことも必要なケースもあるのです。ただ男性の日本語学校の求人事情が変化したことで男性教師の需要も高くなっているので、まずは日本語学校の求人情報を確認してみることです。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら