日本語学校の求人サイトをご紹介します!

日本語学校の受付求人なら

日本語学校の顔としての受付業務は、玄関で立ちながら学校案内をするといった業務には留まりません。例えば、留学生が来日すれば空港まで送迎するために空港まで出かけていきます。それ以前に、入国のためにビザ申請に必要な書類を準備し、渡航の手配全般も担当しますので、ある意味では旅行会社の業務をすると言えるでしょう。そして留学生が居住する部屋を事前に確保するために、不動産を回る仕事もあるでしょう。来日した後の役所への手続きもしなくてはいけません。すぐに生活が始められるように、ある程度のサポートは欠かせないのです。

また、就学生には学校行事の紹介・説明から日常生活上の質疑応答にも対応しなければなりません。その中にはアルバイトの紹介等も含まれるのです。中・小規模の学校ならば、この様に事務仕事と営業業務を兼任することも珍しくありません。営業では海外へ出向くこともあります。留学生を募集するために各国を訪問して、現地の関係企業と交渉したりする事もあります。ですから受付業務の社員には確実な英語能力が問われることになります。TOEIC800点以上とか、英検2級以上などの実績は必要でしょう。あるいは中国語やその他のアジアの言語を話せる能力を買われて就職するケースも出てきています。

この様に考えるなら、たとえ受付業務が主体だとしても、学校の営業と信用を育む役目があるのは確かです。現場の教室が活性化するための準備係と言えるかもしれません。今、日本語学校は成長期に入っています。グローバル化でさまざまな企業、団体、組織、そして個人のネットワークは基本として英語を中心に回っていますが、同時にそれぞれの母国語による深い理解が不可欠になっている側面があるのです。海外に対する貢献度の高い日本語を材料にして、収入を得る機会が急激に増えている状況があるのです。ですから業界としては拡大傾向にあると言えるでしょう。それにつれて日本語学校での受付業務を担当する社員の求人も多くなっています。

ですから、この仕事を得たいと考えている方は、出来る限り正確な情報を入手すると良いでしょう。特に会社側がどのような人材を必要としているのかを理解してから就職活動を始めるべきです。ですが、一般の求人ソースでは十分な情報が得られるわけではありません。実は求人広告の80%近くが非公開の形で、直接に人材紹介会社に委託されるからです。リクナビエイジェンとやTYPE、イーキャリアにDODA、マイナビエージェントなどの大手求人サイトならば、日本語学校の求人では実績があるサイトですから、サポートを依頼すると良いでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら