日本語学校の求人サイトをご紹介します!

日本語学校の職員求人なら

日本語学校で学ぶ外国人の方も以前では中国の方が中心でしたが、現在はアジア全域、いえ世界中から留学生が来るようになったと言います。国を開いたばかりのミャンマーや、日本と関係の深いモンゴルやブータンといった国々からも留学生が来るようになったのです。そしてグローバル化によって日本語を学ぶ目的も多様化していると言えます。さまざまなサービス業において日本語を必要とするニーズが広がっているので、今までのようにホテルのレセプションや交通機関、レストランなどという様な決まった職場にはとどまらないのです。

同時に職員の役割もその幅を広げていると言えます。それぞれの国の生活習慣や文化・経済の情報を収集したり、生徒募集の戦力を組んだり、事業案内やカリキュラムを考えることも重要な仕事です。また日本で暮らす際の生活上のアドバイス、テキスト作成などなど、正に多岐にわたる役割を持つのです。必要となる言語は英語だけとは限りません。各言語でこれらの資料を作る準備もすることでしょう。

また多くの日本語学校が中・小規模であることから、スタッフが少人数である学校も少なくありません。職員や講師が一丸になって、学校運営全般を手掛けていく醍醐味があると言えます。それだけに職員の方の仕事は範囲が広く、やりがいがあります。現実の目標となる日本語能力検定の対策や、大学進学率の向上といったハード面の対策も重要な仕事でありますが、何よりも学生の方々の将来に関わるという感動的な仕事をする事が出来るのです。

確かに仕事内容や仕事量が大きくなりがちな職場は多く、忙しい事もあるでしょう。ですが、世界のニーズは日本語学校にとって追い風です。成長する過程にあるとも言えます。その根底を支える仕事ですから、求人の条件も徐々に良くなっている現状があります。一般の求人にはあまり強く現われていませんが、80%を占めるという非公開の求人を見ると理解できるかもしれません。事務職にしては高額な給与が提示されている求人も多数あるのです。リクナビエージェントやTYPE、イーキャリアにDODA、マイナビエージェントなどの大手求人サイトにはそのような日本語学校の求人が集まります。無料の会員登録をすることで好条件の求人を得られますし、専門のアドバイザーのサポートで希望する条件を交渉する事も可能にもなりますから、日本語学校で働きたいと望む方はぜひこれらの求人サイトを利用すると良いでしょう。

日本語学校の求人探しはココ!

リクルートエージェント
対応エリア全国
料金無料
会社名株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら